周囲にビデオ通話アプリの利用がバレたときの対策をご紹介していきます。

MENU

周囲にバレたときの対処法

 

ビデオ通話アプリをしていることが絶対に周囲にばれないということはありません。

 

例えばパソコンの履歴で家族にバレる、会社に副業をしている事がバレる、など周囲の人にバレてしまう事も考えられます。

 

もしも周囲の人にビデオ通話アプリをしている事がばれてしまったらどのように対処すればよいのでしょうか?

 

家族にばれた場合

注意のマーク

夫やパートナーにばれた場合、なぜ収入を得たかったのかの理由を話すようにするとよいでしょう。
その中で自宅で簡単に出来るライブチャットが自分にあっていたこと、などを丁寧に話す事が大事です。

 

もしも、それでもライブチャットについて理解を得る事が出来なければ、きっぱりやめるしかないでしょう。
親などであれば、うまく言い訳をしてごまかすか、ライブチャットをやることでお金を稼げる事を話せば理解を得られるかもしれません。

 

会社にばれた場合

会社にばれるパターンは「住民税でバレる」「他の人から口コミでバレる」の種類があります。住民税でバレた場合、株やFXなど他の収入があったことにするとよいかもしれません。
そして、今後は確定申告をして住民税を自分で支払うように役所に連絡をしてみましょう。

→周囲にバレた時の対処法

 

他の人から口コミでばれた場合、それは自分じゃないとかうわさであると開き直るしかないかもしれません。
そして今後は誰にも話さないようにしたほうがよいでしょう。

 

周囲にばれないようにする為に

ビデオ通話アプリをするときにはウイッグをつけたりメイクを変えてみたりするなどして、顔を見られても自分だとばれないように対策をするようにしましょう。
パソコンでビデオ通話アプリをする場合、履歴をきちんと消すようにするか、自分専用のパソコンを使用するようにしましょう。