ビデオ通話で危険なことはたくさんありますので事前にチェックしておきましょう。

MENU

ビデオ通話の注意事項

ビデオ通話アプリを使ってチャットレディをしたことがないという人や、これからはじめようと思っている人にとって、「ビデオ通話アプリって安全なの?」という不安は少なからずあると思います。

 

 

出会い系やインターネットを通じた事件があるけどチャットは大丈夫?


 

見ず知らずの人に顔をさらしてしまうのが心配。


 

といったようにビデオ通話アプリでチャットをする上で女の子が心配になったり、不安になるポイントはたくさんあります。

注意事項

 

実際にビデオ通話アプリでチャットをする上で危ないことや注意しなければならないことがたくさんあります。

 

ここではビデオ通話アプリでリアルタイムチャットをする上で注意しなければならないことを解説します。

 

 

氏名・住所など個人情報を公開しない

ビデオ通話アプリは動画によって顔や容姿が映るので、チャットをしながら疑似恋愛が楽しめる非常に便利なものです。
ただし顔は出しても個人情報を公開しないように注意する必要があります。
氏名や住所、LINE IDやメールアドレス、電話番号を知られるとチャット相手がストーカーに変貌する可能性があり、なにかしらの事件に発展する可能性があります。

 

 

アダルトチャットでは局部を出してはいけない

アダルトチャットでは女性が服を脱いだり、下着姿になったり、ときには下着も外しておっぱいを見せたり、ヌードになることもあるでしょう。
しかし性器や局部の露出はどのアダルトサイトでも禁止されており、実際に規約に違反してチャットレディが性器を動画に配信してしまうと公然わいせつ罪に違反する可能性があり、最悪の場合運営サイトが閉鎖したり、チャットレディが逮捕に至るケースもあります。

 

このように気づかぬ間に犯罪を犯さないためにも、例え2人きりのビデオ通話アプリチャットだからといっても、性器の露出には十分に注意する必要があります。