チャットレディをする際は自宅がバレないよう細心の注意を払いましょう。

MENU

自宅バレに注意!

 

チャットレディという仕事をする場合、心配になるのは「自宅バレ」ではないでしょうか?

 

それでなくとも、SNSをしていると「自宅バレした」という話を良く聞きますしね。

 

 

チャットレディをしていてもまず住所が公開されることはありません。


しかし、自宅バレしてしまう危険性は0ではありません。
自宅バレしないようにするために気をつけるべき点はどのようなものがあるのでしょうか?

 

背景に気をつける

自分の後ろが窓などで外の景色が入り込んでしまう場合、そこから自宅がバレてしまう可能性があります。
ビデオ通話アプリにログインする前に自分の背景がどうなっているか確かめるようにしましょう。

 

できればカーテンを閉めて外観をわからないようにするのがベストです。

 

女性の部屋のカーテン

では自分をアップにして背景を入らないようにすればいいのでは?と思われる方もいるかもしれませんが、お客様の中には「女性の部屋」に興味を持つ男性もいます。
そのため自分だけをアップにするのはお仕事をする上ではデメリットになってしまう可能性があります。

 

自分の部屋に個人を特定してしまうようなものがあるときには片付けておいたほうがよいでしょう。

 

個人を特定してしまうような会話をしない

普段の自分のまま話をしてしまうと、うっかり「身バレ」するような会話をしてしまう可能性があります。
ビデオ通話をするときには、「架空の自分」を演じるようにして、そのキャラクターに添った会話をするようにするとよいでしょう。
プライベートな事をお客様に話さないようにするのも自己防衛の1つです。

 

また、メイクカツラなどで自分だとわからないように変装するという方法もあります。
ストーカー気質の人に気に入られてしまうと危険な目にあってしまうことも考えられるので、自分で自分の身を守るようにしましょう。