ビデオ通話は会話だけでなく背景なども露呈することになるので気を配ることが大切です。

MENU

写りをよくする方法

ビデオ通話やチャットで最も気になるのが、相手に自分がどう写っているかですよね。

 

女性にとって写真写りを良くすることはある程度テクニックでカバーすることができますが、動画となってしまうとそう簡単にはいきません。

ビデオ通話のイメージ画像

 

動画では一瞬ベストショットを作ればいいということではなく、動く自分がカメラの前に露呈することになります。
また声やしゃべり方も露骨に出ることになるので、「素の自分」が出やすくなってしまいます。

 

これをチャット相手にある程度よく見せるためには、かなりのテクニックを要します。

 

 

部屋をきれいにする

自分がよく映るにはどうするべきかを考えすぎることで、動画の背景に気を配らないミスをしがちです。
しかしチャットをする相手の部屋が切れに整理されていることは、非常に大切なイメージアップポイントです。事務所や会社以外の自宅でチャットをする人はあまり相手に生活感を感じさせないような部屋をセットしましょう。
訳の分からない人形や縫いぐるみ、脱ぎっぱなしの衣類、お弁当の食べ残しなどカメラに映ることがないようにしたいですね。

 

顔よりも高めにカメラをセットする

写真映りを良くする上で、顔を見上げるようにカメラに収めてしまうと、老けてみえることを自撮りをよくする人は知っているはずです。
ビデオ動画も同じで、下方からのアップをすると全体的に膨らんだ印象になるので、映りが悪くなります。
またカメラの角度だけでなく姿勢を正すなどをする事で若々しく見せる効果があります。

 

カメラの前ではあまり動かない

カメラの前に座ったらなるべくしっかりとカメラを見つめ、チャットに集中しましょう。
カメラの前で動き回ると、相手に挙動不審だと思わせて不快感を与えて大きく印象を悪くしてしまいます。
自分が動画に映っている自覚を持つことがなによりも大切です。

 

→ビデオ通話の注意事項とは?