ビデオ通話アプリはそれぞれ特色や機能が違います、それを活かしたキャラやツールを使いましょう。

MENU

会話に困った時の対策

ビデオ通話アプリをはじめて間もない人や、動画チャットをはじめて間もないという人は、いざリアルタイムでチャットをしているときに男性との会話に困ってしまう人もいるでしょう。

 

 

話が続かなくてチャットから男性が出て行ってしまった。


 

自分からリードしなければならないけれど、趣味もわからず話が続かない。


 

男性があんまりしゃべってくれないので、何を言っていいのかわからない。


 

と本音を漏らす初心者ビデオ通話のチャットレディは多いようです。
特にチャットレディは、動画とマイクを使ってリアルタイムで生の会話をすることが普通ですが、男性側のユーザーは双方向カメラを使わない限り、タイピングの文字のみのチャットをする場合があります。

 

その場合、男性側が恥ずかしがり屋で女性と何を話していいかわからなくて無口になったり、会話が続かないということもありますが、タイピングが遅く会話がスムーズに進まないということも考えられます。

 

したがって女性側はそういうときのために、なるべく男性側をリードするような会話の持って活き方をする必要があります。

 

「趣味はありますか?お仕事は何をされていますか?」

 

など積極的に質問をするようにして、楽しい会話を続けましょう。

 

 

スマホを持つ

また最近のビデオ通話アプリの特徴として、ただ会話をするだけなくコミュニケーションを円滑にする機能も備わっています。
特にLINEのビデオ通話アプリでも顔を認識して喜怒哀楽を表現して楽しい会話をサポートする機能などが魅力です。
グーグルDuoなどのようにきわめてシンプルな機能でまとめられたビデオ通話アプリもあるので、このような付加価値のあるビデオ通話機能には注目したいですね。

 

その他にもスカイプのビデオ通話では、言語の違う相手と通話をしても翻訳することが可能なサービスも展開されています。日本語、英語間でリアルタイムで会話をしてもコンピュータが自動的に翻訳されるなら全世界の誰とでも話ができますね。